« 3.予定とは違うけど・・・ | トップページ | 5.いよいよ4月。&特別ダイヤを撮影 »

2011年3月26日 (土)

4.「こそあど言葉」の難しさ

最近は専ら鉄道とは疎遠になってしまっているこの頃です。

先日高1のクラス会があり、そこでふと感じたことを今回は書きたいと思います。それは「こそあど言葉」です。

こそあど言葉とは「これ・それ・あれ・どれ」といった代名詞の言葉で、私は普段良く使っています。先日も友人に「○○駅って何処?」と聞かれて、「ああ、そこの道をまっすぐ行くと着くよ。」と答えました。しかし、そのやりとりが行われた場所が十字路の交差点にある建物だったため、自分の言っている「その道」と相手が感じた「その道」が食い違ってしまったみたいなのです。私はそのやりとりのあと、その人の姿をあまり見なかったので、道が本当に間違ったのかどうかまでは分かりませんが、よくよく考えると「うまく伝わってなかったのかなぁ」と思いました。

自分の頭の中では分かっている事が「こそあど言葉」を用いて伝えるとうまく伝わらなかったりすることが度々あります。便利なようで使い方が難しい「こそあど言葉」。私も今一度そのことについて考え直す必要がありそうです。

なんか堅い話になってしまいすいません(笑)。

今回はこの辺で。

« 3.予定とは違うけど・・・ | トップページ | 5.いよいよ4月。&特別ダイヤを撮影 »

日常・私生活系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478466/39369060

この記事へのトラックバック一覧です: 4.「こそあど言葉」の難しさ:

« 3.予定とは違うけど・・・ | トップページ | 5.いよいよ4月。&特別ダイヤを撮影 »